歯科治療でイキイキトゥース|人気のインプラントやホワイトニング

歯医者

歴史ある治療法

美容の観点からの歯の維持治療

白い歯

歯医者と聞くと、虫歯治療や麻酔注射といった「痛み」に関するイメージを抱き、好意的な感情を持たない人が多い。 しかし、昨今は治療目的ではない歯科通院者数が増加している。中でも注目を集めているのが「ホワイトニング」である。 ホワイトニングとは、歯を白くするための施術の事である。ホワイトニングは大きく2つに分けられる。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングである。 前者は、歯科で処方される機器や薬剤を使用し、自宅で処置を行うものである。歯科によっても異なるが、相場は20,000円から50,000円である。 後者は、医療機器を使用し歯科で処置を行うものである。相場は、1回数千円〜数万円とかなり開きがある。 両者に言えることは、施術回数や処置を行う歯の本数によって、金額が上下するという点だ。

ホワイトニング技術の進化と変遷

歯を白くする技術自体は、100年ほど前から研究が進められていた。しかし、当初は酸を使用し歯の表面を溶かすことで白くしていたため、治療後は知覚過敏に悩まされるというのが欠点であった。 現在のホワイトニング剤の原料である「過酸化尿素」が使用されたのは、1900年代の後半になってからであった。 また、オフィスホワイトニングはハロゲンライト、レーザー、プラズマ、LEDという進化を遂げてきた。 以前までは、ホワイトニングは主に芸能人が行うものという認識が一般的であった。しかし、技術の革新により価格が低下し、一般にも施術を希望する人が増加した。 軽減されているが、施術には今も痛みが付きものである。しかし、その痛みを抱えても「歯を白くしたい」と願う人が増えているということは、日本の美容に対する意識が高い事を表している。 ホワイトニングなどの美容に関する施術を行う歯科を「審美歯科」というが、既存の歯科に審美歯科を増設する動きも増えてきている。