歯科治療でイキイキトゥース|人気のインプラントやホワイトニング

歯医者

虫歯を治療する

治療を受ける上での工夫とは

歯医者

虫歯を長く放置することで内部まで進み、歯の神経が病変したために根っこから治療をして行かなければならない時があります。いわゆる神経を抜く、という治療が根管治療です。 細い針状の器具を使って歯の根っこに付着した感染箇所を取り除いていき、最終的に薬を充填させてバイキンの侵入を防ぐことが目的です。 根管治療は初めての治療時はだいたい痛みを感じることが多いので、歯医者では麻酔をかけてもらうことをお勧めします。最近では痛みを極力取る治療をおこなう歯医者が増えてきたので、こちらから頼まなくても根管治療前には麻酔処置をしてくれます。 そして根管治療に使う器具が針状な為、治療中は目を閉じているほうが安心していられるでしょう。おだやかな気持ちで治療を受けてください。

根管治療のこれからとは

根管治療は歯科医師の中でも難しい処置のひとつであり、歯の根っこという目に見えない場所を手探りで治療する非常に大変なものなのです。またとても細かい作業で、少しでも病変箇所を取り逃がすとまた将来根っこが膿んできてしまうといったトラブルが起きますので最近の歯科医はマイクロスコープを用いて細かい作業をミスなくこなすようになりました。 マイクロスコープが普及してからは根管治療の成功率、根管感染の再発頻度が減り効率もアップしているので今後はもっと多くの歯科医師がマイクロスコープを駆使できるようにすることが必要です。 マイクロスコープによる根管治療は、患者にとっても歯科医師にとってもメリットの多い手段なのです。